ゾーホージャパン株式会社

            チャットワークにZoho CRMからタスクを登録する

            タブ
            商談

            引数
            potentialName =  「商談」の「商談名」
            potentialID =  「商談」の「商談のID」
            token =  チャットワークのAPIトークンの値
            taskName =  チャットワークのタスクに登録する内容
            to_ids =  チャットワークのコンタクトID(タスクの担当者)
            roomID = チャットワークのルームID
            ※チャットワークの関連項目はチャットワークのAPIを通じて事前に取得しておく必要があります。
             詳細は以下をご参照ください。

            関数の内容
            headerM={ "X-ChatWorkToken" : input.token };
            paramM=map();
            paramM.put("body",input.taskName + "\n" + input.potentialName + "\n" + "https://crm.zoho.com/crm/EntityInfo.do?module=Potentials&id=" + input.potentialID);
            paramM.put("to_ids",input.to_ids);
            reqURL="https://api.chatwork.com/v2/rooms/" + input.roomID + "/tasks";
            r = postUrl(reqURL,paramM,headerM);

            上記の関数をワークフローで呼び出すように設定してください。

            オススメのワークフローの設定
            • 実行するタイミング:追加/編集
            • 条件:
              「ステージ」「が次の値と等しい」「受注」
              ※ステージの項目の値をカスタマイズしている場合はカスタマイズした値にあわせて設定してください
            設定イメージ


            動作イメージ



            参考情報

            役に立ちますか?  
            この記事の改善のためにご意見・ご要望をいただけると幸いです
            0 0