ゾーホージャパン株式会社
            よくある質問 Zohoサービス Zoho CRM ワークフロー カスタム関数

            カスタム関数:1年分の商談の金額を月別に分割して計上する

            サンプルの設定内容は以下です。

            タブ
            商談

            引数
            Deal Id=  商談.商談のID

            関数の内容


            data = zoho.crm.getRecordById("Deals",DealId.toLong());

            //登録用のマップ

            m = Map();

            //繰り返し処理用のリスト

            monthIndex = {0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11};

            //月あたりの金額

            //monthlyAmount = 0;

            monthlyAmount = data.get("Amount").toLong() / 12;

            for each i in monthIndex

            {

            //商談名

            m.put("Deal_Name",data.get("Deal_Name") + " " + data.get("Closing_Date").addMonth(i).getMonth() + "月分");

            //完了予定日

            m.put("Closing_Date",data.get("Closing_Date").addMonth(i));

            //取引先

            m.put("Account_Name",data.get("Account_Name").get("id"));

            //総額

            m.put("Amount",data.get("Amount"));

            //ステージ

            m.put("Stage",data.get("Stage"));

            //CRMの商談の登録

            response = zoho.crm.createRecord("Deals",m);

            info response;

            }

            return "実行しました";



            上記の関数をワークフローで呼び出すように設定してください。

            オススメのワークフローの設定
            • 実行するタイミング:追加/編集
            • 条件:「ステージ」「が次の値と等しい」「受注」
              ※ステージの項目の値をカスタマイズしている場合はカスタマイズした値にあわせて設定してください
            参考情報

            更新: 14 Oct 2019 04:34 PM
            役に立ちますか?  
            この記事の改善のためにご意見・ご要望をいただけると幸いです
            0 1