ゾーホージャパン株式会社

            カスタム関数:郵便番号を元に住所情報を更新する

            タブ
            見込み客/連絡先/取引先

            引数
            recordID =  「見込み客/連絡先/取引先」の「見込み客/連絡先/取引先のID」
            zipCode =  「見込み客/連絡先/取引先」の「郵便番号」

            関数の内容
            zipRes = getUrl("http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=" + input.zipCode);
            prefecture = zipRes.executeXPath("/root/results/address1/text()");
            city = zipRes.executeXPath("/root/results/address2/text()");
            street = zipRes.executeXPath("/root/results/address3/text()");
            mp=map();
            mp.put("State",prefecture);
            mp.put("City",city);
            mp.put("Street",street);
            resp = zoho.crm.updateRecord("Leads",input.recordID.toString(),mp);

            上記の関数をワークフローで呼び出すように設定してください。

            郵便番号から住所情報を取得するために外部のAPIを使用しています。
             同様のAPIは複数ありますが、上記のサンプルでは以下のサイトのAPIを利用しています。
             こちらのAPIについての動作を保証することはできかねますのでご了承ください。
             また、ご利用になる場合は、APIの利用規約等にしたがってください。

            オススメのワークフローの設定
            実行するタイミング:追加/編集
            条件:
            「郵便番号」「が空でない」

            参考情報
            更新: 13 Jun 2018 11:39 AM
            役に立ちますか?  
            この記事の改善のためにご意見・ご要望をいただけると幸いです
            0 0